キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 スーパーコンパニオンが気になりだす情報集

初めてのスーパーコンパニオン遊びで衝撃1

スーパーコンパニオンが気になりだす情報集

岩手のど田舎から上京し、初めて東京に来た時にはいろんな衝撃を受けました。スーパーコンパニオンという名も上京して初めて聞きました。
スーパーコンパニオンが気になりだす情報集のメインimage

初めてのスーパーコンパニオン遊びで衝撃1

この間、宴会の達人というサイトを利用し、初めてスーパーコンパニオンの宴会を体験しました。

この歳で初・・・・というのも恥ずかしいんですが、僕はまだ28歳。

去年、彼女と別れてからは玄人も素人も体験なし。

まったくの童貞状態だったんですが・・・・・・・ちょっといいこともありました。

あ、でももちろんスーパーコンパニオンっていうのは、風俗ではないのでヌキはありません。

ありませんが・・・・・いろいろあるのが大人の世界ですよね。

ここではその体験談と、その後のいろいろを話してみたいと思います。

まずは退屈でしょうが、僕の話から聞いてもらえればと思います。

僕は、岩手のど田舎出身。

東京の某私大に入り、上京してきました。

昔、「おらあ東京さ、いくだ」という吉幾三さんの歌がヒットしたそうですが、あの歌にあるくらいの田舎です。

まあ、テレビはありましたが、電車なんて走っているのを見たのはそこまでの人生で2度くらい。

普通に7キロくらいをチャリと歩きで学校に通っていましたし、コンビニなんてものは全くない田舎出身です。

インターネットもつなげましたが、電波が非常に悪く、安定しません。

それでもネット社会の普及はすごいもので、エロ動画も遅いながら見たりはしていました。

そんな環境ですから、スーパーコンパニオン?なんて言われてもそれがなんのことやらさっぱりわからず、その存在すら知らなかったというのは、当たり前といえば当たり前でした。

ですから、初めて東京に来た時にはいろんな衝撃を受けました。

Copyright http://www.rapid-annonce.com/ All Rights Reserved.